革財布を選ぶ時のチェックポイント

社会人になると、ちょっといい財布を持ちたいと思う方も多いことでしょう。「そろそろ良い財布を持ったらどうか」と、周囲の方から勧められるケースも少なくありません。高級感があり、なおかつ丈夫で長持ちする財布を選ぶのであれば、革財布がおすすめです。様々なメーカー、ブランドからたくさん販売されており、いつの時代も男女問わず、非常に人気のあるアイテムです。財布の使い方は人それぞれ異なりますので、当然、使いやすいタイプというものも変わってきます。同じものを長く愛用するためには、購入する際、妥協せずに熟考して選ぶことが大切です。単にデザインやブランド名で選ぶのではなく、普段の自分の買い物の仕方や、服装、収納するバッグなども視野に入れて選ぶようにしましょう。

形状やサイズをチェックしてみよう

財布と一口に言っても形状やサイズは実に様々です。特に二つ折り財布、長財布は非常に人気のある定番タイプです。出来るだけコンパクトに持ち歩きたいという方には二つ折り財布がおすすめです。しっかりとした作りのものであれば、二つ折り財布でもお札が曲がりにくいよう工夫されています。たっぷり収納したいのであれば、長財布がベストでしょう。使い込むことによって現れる、革の経年変化を楽しみたいという方にもおすすめです。留め具には、ホックやファスナー、錠やがま口などが多く使われています。ホックやがま口はスムーズに開け閉め出来るので、会計時にももたつきにくいというメリットがあります。ファスナーや錠タイプは開閉にやや手間は掛かりますが、その分しっかり閉まるのでちょっとした拍子に中身が溢れるのを防いでくれます。

使われている素材をチェックしてみよう

革財布に使われている革の種類には、牛、豚、羊、ヤギ、馬など、様々なものがあります。ワニやヘビなどの革を使っていることもあります。財布を選ぶ際には、どのような革が使われているのかチェックすることがポイントです。それぞれ特性があり、柔らかさや手触り、丈夫さなども異なります。おすすめなのはやはり牛革です。非常に丈夫で、経年変化を感じやすいという特徴があります。きちんと手入れをしていけば、使い込むにつれてよりしっとりと肌に馴染むようになってきますし、色も徐々に変化してきます。最近は通販などでも購入する方が増えてきていますが、革財布を購入する際は、出来るだけ実店舗で実物を見て選ぶのがおすすめです。写真ではわかりにくい手触りや重さを実際に確認することが出来ますし、縫製がしっかりしているか、留め具がきちんと留まるかなどもチェックすることが出来ます。