長く革財布を愛用するためのお手入れ

長く使い続けることの出来る革財布は、幅広い層に人気があり、大手のメーカー・ブランドから様々なものが販売されています。本革で作られているものであれば、使い込むことによって徐々に革の色も落ち着いてきます。また、購入時の頃に比べると手触りもしっとりと肌に馴染むようになってきますし、柔らかく使い心地も良くなってきます。こういった経年変化を楽しむことが出来るのも革の魅力の一つと言えるでしょう。しかし、定期的にきちんとメンテナンスを行ってあげなければ、革特有の味というものを最大限に発揮させることが出来ません。革の手入れというと、少し面倒くさいイメージがあるかもしれませんが、やり方は非常に簡単です。大切な財布を長く愛用していきたいのであれば、あらかじめメンテナンス道具も用意しておきましょう。

購入したての時にしておく手入れ方法とは?

革製品は水に弱く、濡れてしまうとすぐに傷んでしまいます。新しい革財布を購入したら、まず防水スプレーを塗布しておくのがおすすめです。革用の防水スプレーは革製品を取り扱っている店舗や、ホームセンターなどで購入することが出来ます。間近でスプレーするとムラができたり液溜まりが起きたりするので、やや離れたところからまんべんなくスプレーし、風通しの良い日陰で十分に乾かしておきましょう。万が一濡れてしまった場合は柔らかい布で乾拭きし、日陰で十分に乾かすようにしましょう。直射日光にあてたり、ドライヤーなどで乾かしたりするのは厳禁です。また、革は伸縮しやすいという性質を持っています。買ってすぐに中身をパンパンに詰めてしまうと、革が伸びてシワが生じてしまうことがあります。最初の内は必要最低限のものだけを入れ、徐々に均していくようにするのも長く使い続けるためのポイントです。

専用のクリームで保湿と艶出しを

革財布に使われている革の種類によって、手触りや柔らかさなども全く違います。手入れせずに使っていると、革が汚れたり、乾燥してひび割れのようなものが現れたりします。酷い場合はカビが発生してしまうこともありますので、定期的に革専用のクリームを塗ってあげる必要があります。素材によって合わないクリームもありますので、まずは目立ちにくい所に軽く塗って試してみましょう。購入時にスタッフの方に適切なクリームを選んでもらうのもいいでしょう。柔らかい布にクリームをとり、伸ばしながら擦り込んでいきます。軽い引っかき傷程度であれば、クリームを塗ることで目立たなくなることもあります。普段は柔らかい布で乾拭きする程度で構いませんが、数カ月に1度くらいは定期的にクリームで保湿をしてあげましょう。そうすることでより艶が出て、汚れもつきにくくなります。