知っておきたい革財布の選び方とは

革財布と一言で言っても、その種類は様々あり長財布のものもあれば二つ折りの財布もあります。また長財布の中にもかぶせタイプやラウンドファスナータイプ、L字ファスナータイプなどがあります。その他にも革の種類も様々でオーソドックスな牛革から始まり、馬革や鰐革、蛇革など実に様々あり、それぞれに異なる特徴がありますので、選ぶ際のポイントとしては非常に重要なポイントになります。そして最後にブランドや値段によっても選べる財布の種類には違いありますので、これらの全てを総合的に判断して、自分が本当に欲しい革財布を選ぶ必要があります。ここでは、自分に合った財布を選ぶ際の重要なポイントについてお伝えしていきますので、これから財布の購入を考えている方は参考にしてみてください。

皮革の種類から選ぶ場合のポイント

革財布を選ぶ際の重要なポイントの一つが、数ある皮革の種類から選ぶ方法です。そもそも比較と一言で言ってもその種類は様々あり、それぞれの種類によって手触りや見た目、柔らかさなども大きく異なります。数ある皮革の中でも代表的な存在が牛革ですが、財布としても非常に人気が高く、模様もなく平らで滑らかな手触りをしているので万人に利用できる種類の皮革となっています。それでいて丈夫なので手入れを丁寧に行え、長く使えるのも特徴の一つです。次に馬革ですが、これはコンバートとも呼ばれる皮革で牛革のように模様がなく滑らかな表面をしていますが、牛革よりも柔らかい手触りで高級感があるのが特徴となっています。次に鰐革はクロコダイルやカイマン、アリゲーターなど様々な種類があり、さらには天然の養殖の鰐がいるので、それによっても見た目や価格にも違いが生れます。他には蛇革などは金運アップなどのイメージから人気で、模様の種類も多彩で天然の模様を生かすために染色をしていないものも多いです。このように様々な皮革があり模様や手触り、強度にも違いがあるので自分に合う皮革を探してみてください。

合成革と本革の違いとそれぞれの特徴

革財布を選ぶ際のポイントの一つに本革と合成革のどちらを選ぶかということもあります。では、本革と合成革にはどのような違いと特徴があるのでしょうか見ていきましょう。まず本革ですが、牛革や馬革などの動物の革全般を本革や天然皮革などと呼びます。そのため一言で特徴を伝えるのは難しいですが、どんな本革であっても同じ特徴があり丈夫な作りとなっていて、手入れをすれば数十年にわたり使い続けることができます。また本革の最大の特徴は、長年使い続けることで起こる経年変化です。中には購入時よりも美しい色合いに変化する本革もありますので、自分色に染まっていく楽しみもあります。それに対して合成革は本革よりも価格が安い特徴がありますが、これはビニールやプラスティックなどと似た素材で水をはじく為、本革よりも水に強い特徴があります。ただし、どんなに丁寧に使用しても表面のボロボロに劣化してしまいます。ただし近年は質の高い合成革も多くありますので、本革と合成革はそれぞれに良い点があるので自分の好みや予算などから選ぶようにしてください。