使いやすい革財布の特徴やポイント

革の財布は使い続けていくうちに質感がなめらかになり、手にしっくりとなじんでくれますから愛着をもって使えます。色も劣化していくけれどその色落ちの風合いが独自なデザインとなってくれます。よい革を素材にしている財布を選ぶことはもちろん大事ですが、使いやすいデザインであることも大切です。長財布、二つ折り、小銭入れなどデザインもサイズも豊富にそろっていますので満足できる品質とデザインを選ぶことが重要です。購入する時は質感や重さ、開き具合などをしっかりと確認することが必要です。通販で購入する場合にはサイズを確認し、写真が鮮明で説明が詳細な通販会社を選ぶのがおすすめです。ランキングで上位の商品であっても自分にしっくりとなじむかどうかは使ってみないとわかりませんから慎重に選ぶべきです。

ファスナーがついているかどうか、小銭入れがついているかどうか

革財布をデザインで選ぶ場合、長財布、二つ折り、小銭入れとまずはサイズで選ぶことになります。ポケットに入れやすいサイズであれば手ぶらで外出できるので便利です。カードをどれくらい財布にいれておかなければならないのか、小銭は分けて持つのかなどはライフスタイルや習慣によっても変わってきますのでまずはサイズで好みを選びます。小銭入れがついているかどうかにも大きく関係しますが、ファスナー付きがよいかどうかというのが次の選択になります。ファスナーがついていると革財布に厚みが出てしまいますし、小銭がじゃらじゃらとして重さを感じることにもなります。ファスナーが目に見えるデザインかどうかでも見た目の印象が変わってきます。仕切りの部分もL字型かどうかも全体のデザインに大きくかかわってきますし、デザインより機能性を重視するかどうかによっても変わってきます。

革の種類やテクスシャにも注目して選ぶ

革財布を選ぶのに最も重要となるのが革の素材と仕上げです。革には多くの種類と仕上げがありますが、財布に適しているのはスムース革か型押し革です。すっきりとしたデザインと発色の良さ、手触りの良さどれも最高です。色違いが数種類発売されているものだと発色の違いが分かりやすくなります。シボやクロコダイル、編み入りといった特徴的な革の場合には長財布やセカンドバッグタイプによく似あいます。革職人が作った革財布なら品質も確かですので安心です。ヨーロッパの王侯貴族が愛した革工房、日本のクラフトマンシップなど革に対する取り扱いにプライドが感じられる職人の会社を選ぶのがおすすめです。経年劣化が楽しめる触り心地が最高の革を選び、最高級の使い心地とデザインを毎日楽しんでください。