太陽光発電の設置面においての一般的な前提条件について

TOP > 太陽光発電の設置について > 太陽光発電の設置面においての一般的な前提条件について

太陽光発電の設置面においての一般的な前提条件について

大抵の太陽光発電の形態としては、日当たりの良い広大な平面の土地上に、多くの数からなる大きな集光パネルを据え置いた状態で、一度の大量電力発生をさせたりする形のものを、一般的には誰もが想定をしがちなところがあります。
理屈や常識的に考えたりしてみると、確かにそうしたところがありますが、そうした見方自体は必ずしも正しいとは言えない実態があります。
これは実際にも、太陽光発電のための集光ミラーを設置をされている土地の地主さんである方からのお話になりますが、大抵の太陽光発電のミラー設置などは確かに、太陽光による電力発生などを目的にしたりしてはいますが、発生した電力量そのものを、地主である方本人が独り占めにしながら、恣意的に利用をしたりしている訳ではありません。
幾らか指定をされた近隣周辺にある一定の範囲においての電力提供をやっている形が、正しい実態と言えます。


確かに、太陽光発電のサービス運営会社毎においての、サービス内容や実施システム面での違いといったものが、ある程度存在する形ではあります。
それでもやはり、発生をした太陽光発電サービス利用時においての供給電力そのものを、丸ごと、そこの地主さん本人のみが独占をしたりするといったようなケースなどは、あまり無いような傾向があります。
その地主さん本人が何か、会社や工場の経営者などであるといった場合には、それらで用いる電力確保を独占的に行うような事などはある程度考えられたりはしますが、特にそうした規模が大きな事業などをされたりしていないような方の場合には、その方がおられる地域のある一定の範囲内において、電力分配をしたりしているような形が少なくありません。
上記の話の内容そのものは、日当たりが良くて順調に電力供給が出来ているようなところのケースでのお話になります。


これで最後になりますが、正直、特に自らが大規模な事業経営とかをしたりしてはいない限りは、電力確保を太陽光発電サービスで出来たとしても、先程のようなケースでは地主さん本人である利用者ご自身のお宅のみでは使いきれないほどの電力量がありますので、当然に周辺におられるお宅へ分配をして、有料で利用してもらったほうがお金にもなるので、そのほうがはるかにメリットがあります。
しかし、地域や地方などによっては、日当たりの良い平面からなるミラー据え置きなどの面では最良の場所ではあったりしても、気候変動などが激しくて日光照射の具合とかが、どうも芳しくはないような場所なども、この日本国内にある全国では少なくはありません。
それに加えて、近くに氾濫が頻発をする河川や湖とかがあるような場所の場合でも管理面においてのコストがバカにならないくらいに高くつくようなケースもありますので、決して油断が出来ません。

次の記事へ