太陽光発電を設置する利点と欠点

TOP > 太陽光発電の設置について > 太陽光発電を設置する利点と欠点

太陽光発電を設置する利点と欠点

かつて太陽光発電を自宅の屋根に設置しようとしたら、かなりの費用を覚悟しなければいけない時代もありました。
しかしそれも昔の話になってきています。
現在は、昔よりもだいぶ太陽光発電の設置費用も安くなってきました。
そのため、一般家庭でも太陽光発電を設置する所が増えてきています。
それは、住宅街を見渡すと良く分かります。
所々で屋根に太陽光発電を設置する家を見かけます。
そうした背景からも現在でも、太陽光発電を設置する家庭が増えています。
しかし、そうした太陽光発電も利点ばかりではありません。
設置することによって欠点もあります。
そうした両方を認識しておかなければ後々トラブルになることもありますので、太陽光発電を設置する場合には十分に検討する必要があります。
また設置するためには業者に頼む必要がありますが、その業者もどこにするか考える必要が出てきます。


太陽光発電を設置する利点は、最初に挙げられるのが毎月の電気料金を下げることができることです。
太陽光発電を設置することで電力会社から電気を買わない生活を原則として送ることができます。
自家発電で得られた電気で家庭内の電気を消費することができますので、電力会社からわざわざ電気を買わずに済みます。
それによって毎月の電気料金をかなり節約することが可能になります。
電力会社によっては日中の電気料金は高くなり、夜は逆に電気料金が安くなるといったプランもあり、そうした契約をしていた場合には日中の電気料金は使えば使うほど電気料金は高くなっていきます。
しかし太陽光発電を設置すれば、そうした心配が減ります。
また他の利点は、自家発電で余った電気を電力会社に売ることができる点です。
電気を売れば当然収入を得ることができます。


一方で太陽光発電を設置する欠点は、まずは業者選びに失敗するリスクがあることです。
太陽光発電を設置するためには業者に依頼をしなければいけません。
ただしこうした業者の中には悪質な業者も含まれていますので、万が一そうした悪質業者に依頼してしまうと高額な費用を請求されたり、きちんと太陽光発電を設置してもらえなかったりといったトラブルもあります。
そうしたリスクがあることが欠点となります。
また他の欠点は、太陽光発電を設置したらメンテナンスが必要になりますのでその費用がかかることです。
太陽光発電を設置しても、月日が経つとどこかしら不具合が起きてくることも考えられます。
そうした場合には、メンテナンスが必要になります。
一度設置してもいずれメンテナスの費用もかかりますので、その費用を貯めておく必要があります。